現在記事修正中のため読みにくいものもあります。ご了承ください

【台湾語学留学準備】②語学学校、どうやって決める?

台湾語学留学②語学学校、どうやって決める?


こんにちは、らにです(*^▽^*)

新年度始まりましたね~。新生活はワクワク半分・不安半分ですよね。

特に学校を卒業して就職する時はドキドキしていました。(結局深夜勤務が合わず、半年で辞めました・・・)

新社会人のみなさん!気張りすぎないでね!石の上にも三年って、あれは無視していいからね~!!

わたし
わたし

ふだんより多めに休憩しよう!!

石の上にも三年

冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。(デジタル大辞泉(小学館)より)

前置きが長くなりましたが、今回は留学準備①に続き留学する学校をどうやって決めたかご紹介しようと思います。

台湾語学留学ー①留学する理由ー【台湾語学留学準備】①3つの留学する理由

台湾留学の種類

晴れた日の台北

台湾へ留学する形態として、下の2つが大部分です。

  • 大学
  • 語学学校

大学は4年制の正規留学のことです。ハードルも語学留学に比べて高めです。

アメショ猫
アメショ猫

でも学費は年間50万円くらいだよ、安いね!

今回私は語学学校に留学する予定です。

台湾に行ったことがないという人にはガイド本でざっくり見てみると実感がわくかも?

おしゃれな台湾情報を知りたい方はこちらの本がオススメです(*^▽^*)

語学学校の種類

大学内の図書館にいる女性

語学学校の種類にも2つあります。

  • 大学内の語学学校
  • 民間の語学学校

大学内の語学学校は「華語中心」と呼ばれたりもします。

華語中心は大学のスケジュールに合わせて入学時期が決められている場合が多いです。

民間の語学学校は自分の好きなように授業を取ることができたり、入学時期は毎週受け付けているところもあります。

カッパ
カッパ

民間の学校の数は他の国に比べて少なめだね

私は華語中心のスケジュールに都合が合うし、民間は学費が高いな・・・と感じたので華語中心に行くことにしました。

華語中心(大学のみ)

台湾には多くの大学があり、付属の華語中心も多くあります。
国公立の大学が多いですが、私立もあります。
華語中心も民間の学校も台北市周辺の北部が多いです。

下は台北駐日経済文化代表処が作成した大学の一覧リストが見られるリンクです。ご参考に(*^^*)

リストの見かた

全部中国語ですが、左からエリア、大学名、大学WebサイトURL、大学連絡先、連絡方法が書かれています。

私が選んだ学校は、そして選んだわけ

私の条件

  • アクセスがいい、できればバスor電車一本・・・不便だと行く気なくす
  • 少人数(絶対ゆずれないポイント)・・・発言&質問しやすいのはやっぱり少人数!

4つの候補

上2つの条件に合いそうな大学は4つありました。

国立台湾師範大学

GOOD

・日本人の中で超有名

・アクセス良い

・学費が比較的安い

BAD

・クラス人数が多い可能性がある

・日本人が多い

モコうさ
モコうさ

華語中心の日本語サイトもばっちり!

国立台湾大学

GOOD

・アクセス良い

・4~7人の少人数クラス

・学習設備が整っている

BAD

・古いテキストを使っている

・学費が高い

中国文化大学(私立)

GOOD

・毎月開校している

・学費が比較的安い

BAD

・アクセス良くない

国立政治大学

GOOD

・学費普通

・7~10人の少人数クラス

BAD

・アクセス良くない

私はどの大学を選んだか

4つの中から私がどの大学を選んだかというと・・・

②国立台湾大学です!

実は選ぶのにあまり時間はかかりませんでした。

なぜかというと、私の条件にぴったり当てはまるのが台湾大学だったからです。
「学費が高い」というのはこれから無職の身にとって痛いですが、まあ通って半年だし、欧米にくらべると安いしいっか・・・と自分を納得させました。ダイジョブダイジョブ。

わたし
わたし

まあ、ちょっと貯金あるし何とかなるかな・・・

選んだあとは?

さて、選んだ後は大学の華語中心Webサイトから申し込みます。
私が申し込む時はちょうど語学留学ビザ解禁のお知らせが出た翌日でした。
申し込んだ後そのサイトを見てみると、春学期はすでに締め切られていました。
きっと殺到したんでしょうね・・・

今は学費をクレジットカードで払い、これからクラス分け?のためのテストを受けながらビザ手続きをができるようになるまで待つ、というところです。
アラサーでまた学生に戻るのは、私にとってけっこう勇気がいることですが、行けば私のような人はきっと少なくないだろうし(たぶん)、現地でいろいろ見えてくることがあるはずなのでそれを楽しみに準備します(*^▽^*)

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA