【基隆スイーツ】タロイモを使った大人気の”芋泥球”「基隆連珍糕餅店」@仁愛区

【基隆スイーツ】基隆連珍糕餅店

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは!らにです(^▽^)

芋泥球とは?

台湾にはタロイモを使った多くのスイーツがあります。タロイモ団子、タロイモパイ、タロイモパンにタロイモドリンク・・・と台湾人がどれだけタロイモを愛しているのか分かります( ノ´ ▽ ` )ノ

私も芋スイーツは大好きです!日本では焼き芋や芋けんぴなどのサツマイモスイーツをよく食べていました。(太るんだな~)

今回紹介する「芋泥球」とはタロイモをペースト状にしたお団子のお菓子です。
芋泥球といえばここ!というくらい有名店なのです!

場所は以前紹介した夏一跳仙草のにぎやかな通りにあります。
先日このブログでも紹介した李鵠餅店にも近いです。

基隆連珍糕餅店
基隆連珍糕餅店

行った時は平日のお昼だったので人はまばらでしたが、週末や祝日は店外まで列ができるほどの人気店です・・・!
できれば平日に行かれるのをおすすめします( ´ ▽ ` )ノ

基隆連珍糕餅店

一番有名なお菓子は「芋泥球」というタロイモの生菓子ですが、他のお菓子も売られています。

おなじみの鳳梨酥(パイナップルケーキ)。

基隆連珍糕餅店

土鳳梨酥はパイナップルペーストを使ったパイナップルケーキです。
「土」が書かれていない鳳梨酥は冬瓜ペーストの餡を使っています。
一方、土鳳梨酥はパイナップルを使っているので酸味が強いです。台湾人の中でも好き嫌いが分かれるそう。

基隆連珍糕餅店

鳳凰酥は鳳梨酥に卵黄を混ぜたものです。

基隆連珍糕餅店

帝皇酥はパイ生地の中に小豆または緑豆ペーストや白玉団子、ナッツなどが入った豪華なお菓子です。(値段も高め)

基隆連珍糕餅店
基隆連珍糕餅店
基隆連珍糕餅店

芋泥燒はタロイモペーストの中に白玉が入っており、それをパイ生地で包んだお菓子です。
麻吉(májí)は「もち」のことです。

基隆連珍糕餅店

要冷蔵の生菓子も売られています。

基隆連珍糕餅店
基隆連珍糕餅店

芋泥球はどこにも売っていない・・・と思ったら「芋泥球を買う時は直接レジで買ってください」と注意書きがありました。
芋泥球は4個で1パックです。

基隆連珍糕餅店
(ピーナッツケーキはおすすめしません・・・)

私たちは1パックしか買いませんでしたが紙袋に入れてくれました(o^^o)

基隆連珍糕餅店

これが大人気の芋泥球です!1パック55元と安いのも魅力です(*^^*)
包装はアルミホイルで包まれた簡単なもの。

基隆連珍糕餅店

基隆連珍糕餅店

2等分に切ってみると・・・中も芋泥!(°▽°)

基隆連珍糕餅店

味はタロイモの味そのままです!詳しいことは分かりませんがお砂糖とバターくらいしか他に入れてないんじゃないかと予想しています。
もったりしておいしいです(๑´ڡ`๑)小さいので2個、3個・・・と全部食べてしまいそう!
タロイモまたは芋スイーツがお好きな方はきっと好きだと思います!

東京・人形町に去年支店ができました!基隆からお店が日本に来てくれるなんて感激です(灬ºωº灬)
これを機に基隆に興味を持つ方が増えるととても嬉しいです(*^▽^*)

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA