【青島旅行記】初めての青島2日目~~

中国 中国
この記事は約4分で読めます。

青島旅行記の2日目。その1は下のリンクから飛べます(〃^∇^)o彡☆

本日の予定
  • 八大関とその周辺をぶらぶら散歩
  • オリンピックの舞台にもなった青島オリンピックセーリングセンターをぶらぶら散歩
  • 青島で有名な「3色餃子」を食べる

青島の北野異人館「八大関」へ

一日中散歩するスケジュールです。歩くのは好きなので苦じゃないのですが、日差しが強い…!

f:id:michelleying:20170901144822j:plain
快晴の青島市内

これからタクシーで「八大関」という場所に向かいます。
八大関は、1930年代に領事館や別荘用の建物を建てるために作られた場所です。
蔣介石の別荘(花石楼)や、有名な中国の女優の別荘などが立ち並んでいます。
きらびやかな建物が並んでいるので、ウェディングフォトを撮るカップルたちがたくさんいます。
雰囲気は神戸の北野異人館のようです。

アメ猫
アメ猫

周囲の騒がしさは北野異人館とまったく違うけどね

f:id:michelleying:20170901145500j:plain
緑がたくさん
f:id:michelleying:20170901145557j:plain
メルヘンチックな邸宅に入ると…
f:id:michelleying:20170901145654j:plain
ばあ!違和感
f:id:michelleying:20170901162337j:plain
中国の大女優の別荘
f:id:michelleying:20170901173231j:plain
蔣介石の別荘「花石楼」

八大関の中の建物に人気度があるようで、蔣介石の別荘とある中国の大女優(名前忘れた)の別荘には
多くの観光客が入っていました。
八大関自体は入場料は必要ありませんが、観光客向けに開放している邸宅に入るには必要です。

f:id:michelleying:20170901173413j:plain
青島のビーチ

海岸線がずっと続いていて、とても気持ちがいいです.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。
写真中央に小さく見える建物のように、青島には赤レンガ屋根の建物がたくさんあります。
この建築様式はドイツに占領されていた時代の名残です。
中国らしい高層ビル群もありますが、異国情緒あふれる都市でもあります。

モコうさ
モコうさ

夏休み期間は砂浜が赤いビーチパラソルで埋め尽くされるらしい

青島市内の中心で餃子を食べる

八大関から戻り、青島市内中心に戻りました。
ぶらぶら散歩していたら、もうお昼時!ということで、青島名物の「三色餃子」を食べに。
山東省の海辺の都市では「鮁魚水餃」という、サワラの身を具にした餃子が有名です。

山東省は中国の北方に位置しており、主食は小麦粉で作られたものを食べます。
一般的に餃子は皮から作ります。モチモチの食感&具だくさんで何個でも食べられます!

f:id:michelleying:20170901173534j:plain
快晴
f:id:michelleying:20170901173714j:plain
北京オリンピックで使われたセーリング会場

「船歌魚水餃」で三色水餃子のランチ

f:id:michelleying:20170901173804j:plain

大きいショッピングモールの中にある「船歌魚水餃」でランチです((((o゚▽゚)o))) ♪
ここのイチオシは、店名にもある水餃子です。
※ご存じの方も多いと思いますが、中国では餃子と言えば、水餃子を指します。
魚の餃子は日本人の私たちにとって馴染みがないですよね。
しかもここでは黄色や黒色の水餃子が食べられるんです!

慌てパンダ
慌てパンダ

焼き餃子は食べないの・・・?

食べないわけではありません!
残った水餃子を翌日に焼いて食べたり、「鍋貼」という細長い焼き餃子を食べます。
思い出すと、食べたくなってきた(¯﹃¯*)

このお店の三食餃子は下記の通り。

  • 白色:サワラ
  • 黄色:黄魚(日本ではイシモチと呼ばれているそう)
  • 黒色:イカ

黄魚は中国ではよく食べられる魚です。淡泊な味でとても食べやすい!
白色と黄色がおいしかったです(*´▽`*)

餃子にまつわるよもやま話

日本の「あれ」

先ほど書いたように、中国人にとって餃子=主食です。
日本に関心のある人から、日本人が餃子定食を食べることを知っていて「あれは本当なんですか?」と興味津々でたずねられたことが数回あります(・∀・;)
「本当だよ!」と答えると、たいがいの人は嬉しそうに「えー!」とリアクションをしてくれます。

餃子は伝統

中国語で餃子を作ることを「包餃子」と言います。
特に中国東北部の人は男性女性問わず、餃子を皮から作れる人が多いです。(そして上手!)
小さい頃から家族と一緒に餃子を包むので、自然と包み方を覚えるのだそう。
旧正月の大晦日やお祝い事のときに、水餃子は欠かせない食べ物です。

まとめ

青島は中国滞在中、一番多く遊びに行った場所です。
中国の文化を残しながら異国の空気を感じさせるおもしろい都市だと思います。
日本から直行便が多く出ており、アクセスしやすいので海外旅行が解禁になった後、水餃子と青島ビールを堪能しに遊びに行かれてはいかがでしょうか(⌒∇⌒)♪

餃子の王将にも水餃子があるんですね…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました