【おすすめ書籍】「デザインのドリル」がすごくいい!特徴・使い方

デザイン
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、らにです(*^▽^*)
ブログでも紹介しているように私はIllustrator、Photoshopを使ってデザインの練習をしています。
デザインの練習のメインとして、実際のバナー広告をトレース(模写)を週一ペースで行っています。

デザイン練習の問題点

バナートレースはとてもいい練習方法です。
デザインの引き出しが増えるし、イラレ&フォトショの操作も身につきますし。


ただ、
素材を集めるのがめんどくさい
・デザインのポイントが分からない

この2点はトレースをしたことがある人なら実感するのではないでしょうか。(まさか私だけ?)
特に「ポイントが分からない」というのは、バナートレースの価値を5割下げてしまうと感じています。
ポイントが分からない→バナーを作るときに活かせられないからです。

そんなときに「デザインのドリル」の出番です!

(一部の天才的な人を除き)デザインのスキルは練習や経験がモノを言います。でも、練習をしたくても

・何を作る?(題材)
・写真やイラストはどうする?(素材)
・タイトルやキャッチコピーは何にする?(テキスト)
といった「作る」以前の壁にぶつかり、挫折しがちです。

本書ではデザインの練習に必要な題材・素材・テキスト・完成見本のデータがダウンロードで入手できます。

紙面の解説を読みながら、手を動かしながらトレースや模写でデザインの基本技術を習得することができます。

Amazonより

「デザインのドリル」の特徴

さて、バナーのトレースをする際の問題点は、

・素材を集めるのがめんどくさい
・デザインのポイントが分からない

の2点でしたね。「デザインのドリル」はどちらも解決してくれます!しかもおまけつき!

アメ猫
アメ猫

じゃ、特長みてみよ~~

特長①素材は準備されている

ちゃんと、揃えてくださっているんです…!(サイトからDW)
トレースする準備がかなり省けます。素材もかわいいんです(*´▽`*)←大切

特長②解説でデザインのポイントが分かる

上記で「ポイントが分からないんだよ~」とぼやきましたが、この本にはちゃんと解説も載っているんです!
これを見ながらトレースしてもよし、トレースした後に見てもよしです。

モコうさ
モコうさ

応用もばっちりきくね

特長③デザインが今風&シンプルで応用しやすい

新しい本なので、トレースするデザインは全て今風のイケてるものばかり!
もちろんイケてるだけじゃなく、ターゲットに伝わるようデザインされています。
では、実際に私が作ったものを紹介していきます(^○^)

SNS投稿も「学習の成果を披露する」という目的の場合は、
著者のご厚意によりOKなのです!ありがとうございます。
(他の目的で配布・販売することはダメです)

作成例

展覧会のDM

このように、お題1つに対して3つのデザインを載せてくれています!

キャンペーンのDM

ウェディングの招待状

ドーナツの広告

デザインはキレイめなもの~POPなものまで幅広いです。

私のドリルの使い方

私のドリルの使い方をちょっぴり紹介します。

①見本を見てポイントを探りながらトレースしてみる

②トレースが終わったら解説ページを見ながら例と自分が作ったものを見比べる

③ページ内にある、その他のバリエーションをトレース(時間がないときはパス)

…と、こんな風に利用しています。③はしたりしなかったりです。した方がいいんでしょうけどね。
ただトレースするだけじゃなく、トレース後のフォローもばっちりです!

パンダ
パンダ

ぱらぱら見るだけでもおもしろいよ


「今バナートレースしてるけど、いまいち力がつかない…」「もっとデザインの引き出しがほしい…」などどお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか?
最後までお読みいただき、ありがとうございました(#^^#)

コメント

  1. HASSY より:

    すごく分かりやすくて勉強になります。
    これからも頑張って下さい!

  2. らに らに より:

    ありがとうございます、こらからも更新がんばります😄✨

タイトルとURLをコピーしました